崑崙世界:人物:タオホァ(桃華) | 青空のドン底は

エントリー

崑崙世界:人物:タオホァ(桃華)

参照:twitter企画崑崙世界

201711140023_.png

名前:タオホァ(桃華)
種族:鏡童?
職業:楽師

一般的な鏡童よりも見た目と言動があまりにも幼く、まるで子供のような印象を受けるが、成長しないので鏡童と考えられる。
楽師のようだが、演奏せず自身の声のみで歌う。言動に似合わない歌唱力を持ち、歌詞は何語ともとれない。
幼いため細かい意思疎通が難しく、不明な点が多い。
桃しか食べない。紅修に懐いている。


髪飾りは、リボンだったり桃の花だったり、気分。
ストーリー後半で歌の歌詞の意味が明らかになるやつ。いや特にストーリー決まってるわけじゃないんだけど。
紅は特に気にしないで養育してる。一番の難点は桃の調達。すごい金がかかるから長陽城に出稼ぎに来た。
まぁでも、2日に1個ありゃ十分って量じゃないかな。一般的な食事量と同じだけ桃要ると流石に破産しそうだから。
ジュースとかにして飲んでそう。

歌のイメージはこちら。Sotilus-Periplus- by suzuya
suzuyaさんの曲はどれも完成度高いのでついでに他のも聴いてみてください。

多分いざってときはペット出すと思う。ピンクマー。
旋律技だけじゃなくて仲魔の調べもレベル高い。その代わり副天賦は一切なし。

現在(脳内に)いる色サブの中では比較的新人の部類。
ロリ通り越してペド。
「桃華」という名前は日本飛天でも取れてないし、台湾飛天に至ってはキャラすら作ってない。

ページ移動

関連エントリー